読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑記】S3環境キャラランク(メガシンカ編)

こんにちは。ナゲットです。

どこかで「自分でキャラランクをつけ各キャラの大まかな役割と強さを把握することで構築作成に役立てられる」という趣旨の記事を見たので自分でもやってみようかと思います。あくまで自分用のメモなのでツイートもせずひっそりと。

 

S~Cで評価し、±はなしとします。(使ったことがないポケモンも評価してますが考えをまとめるためのものなのでご容赦)

 

S 

f:id:nugget-poke:20170413234111p:plain

A

f:id:nugget-poke:20170413235834p:plainf:id:nugget-poke:20170413235855p:plainf:id:nugget-poke:20170413235915p:plain(Y)

B

f:id:nugget-poke:20170414000823p:plainf:id:nugget-poke:20170414001010p:plain

C

f:id:nugget-poke:20170413235915p:plain(X)f:id:nugget-poke:20170414001415p:plainf:id:nugget-poke:20170414001500p:plain

 

 

【個別評価】(名前の横に役割)

ボーマンダ(サイクル要因、抜きエース)

S、耐久、火力、一貫性すべてが高水準。6世代の頃天敵だった電磁波ボルトロスが環境から絶滅したことにより非常に動かしやすくなった。竜でありながら舞うことですべての守り神に対し有利を取ることができる。現環境においてミミッキュに次いで不変的な強さを持ったポケモン。お供にナットを持ってきた際に炎のケアをこのポケモンでしようとするとそこから崩されるので注意。

 

・ゲンガー(高速アタッカー)

高いSと霊+毒(+催眠orめざパ)の範囲が現環境において非常に優秀。エースとして使う際にミミッキュの処理をどう行うかに7世代の間ずっと悩まされ続けると思う。身代わりを残すために何らかの補助が欲しいところ。アタッカー以外の型は微妙。

 

メタグロス(高速アタッカー)

高いSと鋼+氷+αの範囲が現環境において非常に優秀(2回目)。数値受けが容易なことで有名だが通りのいいPTにはとことん強い。高速でありながら一致地震すら余裕で耐える耐久も魅力。

 

リザードンY(中速高威力アタッカー)

最近はCSではなくHBに降り居座りやすさを上げて圧力を掛けにいく前期1位の型がかなり流行っている印象。耐久数値もなかなかのもので一撃で落とすのはかなり難しい。ステロ起点要因を使う際はまずこのポケモンとその取り巻きを第一に考え型を決めていきたい。

 

 ・ギャラドス(抜きエース)

威嚇と素で高いD、水+飛行or悪の耐性により多くのポケモンを起点にできる反面1舞だけでは多くのポケモンを落とせないほど火力が低い。抜きエースでありながらミミッキュで止まらない点は高評価。他のポケモンでどこまで削りを入れられるかが重要だと思われる。

 

プテラ(高速アタッカー)

岩+氷+鋼(フェアリーへの打点)という物理版ウツロイドと言えるような範囲を持つ。これに地面or炎が加わるので抜群範囲はかなりのもの。数値受けをどのように突破するかが鍵になるか。一致技が命中不安なのが残念。

 

リザードンX(抜きエースor削り(鬼羽型))

環境から(スカーフ)ガブリアスが減少したことで抜きエースが通りやすくなったかと思ったが、ステロ+フレドラ自傷+先制技(+ミミッキュ)で全抜きまで行きづらいのが現状か。鬼羽型は鬼火が複数回打たなければならないにも関わらず命中不安な技である以上環境上位にくることはなさそう。

 

 ・ガルーラ(中速アタッカー+ストッパー)

6世代に比べ火力があまりにしょぼく冷P炎Pによる高耐久崩しくらいしか役割を持てない印象。6世代の頃の強みの1つだった耐久もZ技の登場で生きづらく、そもそも耐えても倒せないことが多い。とにかく役割対象が激減してしまった感じ。

 

ハッサム(低速サイクル要因+抜きエース)

鋼枠であるがめざ炎を考えるとテテフ対面が有利とは言えず、剣舞霊Zを考えるとミミッキュへの後だしもしづらい(とんボルで皮を剥げる展開なら話は変わるが)。本来役割対象であるフェアリーに安定しないのが残念。流行りのメタグロスを完璧に受けられる点は高評価。

 

 

その他メガは割愛。

 

 

時間があれば一般ポケに関しても書こうと思います。