読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑記】S3環境キャラランク(メガシンカ編)

こんにちは。ナゲットです。

どこかで「自分でキャラランクをつけ各キャラの大まかな役割と強さを把握することで構築作成に役立てられる」という趣旨の記事を見たので自分でもやってみようかと思います。あくまで自分用のメモなのでツイートもせずひっそりと。

 

S~Cで評価し、±はなしとします。(使ったことがないポケモンも評価してますが考えをまとめるためのものなのでご容赦)

 

S 

f:id:nugget-poke:20170413234111p:plain

A

f:id:nugget-poke:20170413235834p:plainf:id:nugget-poke:20170413235855p:plainf:id:nugget-poke:20170413235915p:plain(Y)

B

f:id:nugget-poke:20170414000823p:plainf:id:nugget-poke:20170414001010p:plain

C

f:id:nugget-poke:20170413235915p:plain(X)f:id:nugget-poke:20170414001415p:plainf:id:nugget-poke:20170414001500p:plain

 

 

【個別評価】(名前の横に役割)

ボーマンダ(サイクル要因、抜きエース)

S、耐久、火力、一貫性すべてが高水準。6世代の頃天敵だった電磁波ボルトロスが環境から絶滅したことにより非常に動かしやすくなった。竜でありながら舞うことですべての守り神に対し有利を取ることができる。現環境においてミミッキュに次いで不変的な強さを持ったポケモン。お供にナットを持ってきた際に炎のケアをこのポケモンでしようとするとそこから崩されるので注意。

 

・ゲンガー(高速アタッカー)

高いSと霊+毒(+催眠orめざパ)の範囲が現環境において非常に優秀。エースとして使う際にミミッキュの処理をどう行うかに7世代の間ずっと悩まされ続けると思う。身代わりを残すために何らかの補助が欲しいところ。アタッカー以外の型は微妙。

 

メタグロス(高速アタッカー)

高いSと鋼+氷+αの範囲が現環境において非常に優秀(2回目)。数値受けが容易なことで有名だが通りのいいPTにはとことん強い。高速でありながら一致地震すら余裕で耐える耐久も魅力。

 

リザードンY(中速高威力アタッカー)

最近はCSではなくHBに降り居座りやすさを上げて圧力を掛けにいく前期1位の型がかなり流行っている印象。耐久数値もなかなかのもので一撃で落とすのはかなり難しい。ステロ起点要因を使う際はまずこのポケモンとその取り巻きを第一に考え型を決めていきたい。

 

 ・ギャラドス(抜きエース)

威嚇と素で高いD、水+飛行or悪の耐性により多くのポケモンを起点にできる反面1舞だけでは多くのポケモンを落とせないほど火力が低い。抜きエースでありながらミミッキュで止まらない点は高評価。他のポケモンでどこまで削りを入れられるかが重要だと思われる。

 

プテラ(高速アタッカー)

岩+氷+鋼(フェアリーへの打点)という物理版ウツロイドと言えるような範囲を持つ。これに地面or炎が加わるので抜群範囲はかなりのもの。数値受けをどのように突破するかが鍵になるか。一致技が命中不安なのが残念。

 

リザードンX(抜きエースor削り(鬼羽型))

環境から(スカーフ)ガブリアスが減少したことで抜きエースが通りやすくなったかと思ったが、ステロ+フレドラ自傷+先制技(+ミミッキュ)で全抜きまで行きづらいのが現状か。鬼羽型は鬼火が複数回打たなければならないにも関わらず命中不安な技である以上環境上位にくることはなさそう。

 

 ・ガルーラ(中速アタッカー+ストッパー)

6世代に比べ火力があまりにしょぼく冷P炎Pによる高耐久崩しくらいしか役割を持てない印象。6世代の頃の強みの1つだった耐久もZ技の登場で生きづらく、そもそも耐えても倒せないことが多い。とにかく役割対象が激減してしまった感じ。

 

ハッサム(低速サイクル要因+抜きエース)

鋼枠であるがめざ炎を考えるとテテフ対面が有利とは言えず、剣舞霊Zを考えるとミミッキュへの後だしもしづらい(とんボルで皮を剥げる展開なら話は変わるが)。本来役割対象であるフェアリーに安定しないのが残念。流行りのメタグロスを完璧に受けられる点は高評価。

 

 

その他メガは割愛。

 

 

時間があれば一般ポケに関しても書こうと思います。

【SM,S2】ツボツルギゲンガー【最高2076、最終1971】

こんにちは。ナゲットと申します。

今回はS2に使用したPTについての構築記事になります。

結果はあまり良くはありませんでしたが、書かないと勿体ない気がしたので頑張って書きます。

TNさつまじどりで潜っていました。対戦して下さった方有難うございました。

 

(以下の説明では常体を使用します。)

f:id:nugget-poke:20170321093101p:plain

 

【構築経緯】

カバルドンナットレイ等の物理受けで止まらない抜きエースとしてZカミツルギを採用するところから構築をスタート。起点づくりとしてカミツルギの範囲を強引に広げることができるねばねばネット+ステロを使えるツボツボ、第二の抜きエースとしてフルアタメガゲンガーを採用。ツボツボを見て先発で出てきやすい挑発持ちの守り神に対してある程度打ち合える襷ガッサ、ネットやステロが入っていないバシャーモパルシェンに対面で有利なレヒレ、ゲンガーの全抜きの邪魔になるミミッキュギルガルドに対し強く出られるアッキウルガモスを採用して構築完成。

 

【個別紹介】

 

f:id:nugget-poke:20170321100510g:plain

ツボツボ@レッドカード

性格:慎重

特性:頑丈

実数値:127(252)-30-260(76)-×-300(180)-25

技:ねばねばネットステルスロック、アンコール、岩石封じ

調整...HB:A無補正252メガギャラドスの+1滝登り最高乱数切り耐え

 

スカーフ+襷を潰せる唯一無二の起点役。調整はどっかのブログのパクリなので特にいうことはない。

このポケモンを使った感想としては「弱い」の一言。起点を作るには必ず相手の攻撃を受けなければならず、挑発を打たれただけで機能が停止する。また終盤数を増やしていたゲンガーに対して大きな隙を見せてしまうのも辛い。勿論仕事を完璧にこなせれば有利になれるのは間違いないのだが、使い辛かった感は否めない。次に起点構築を使うとしたらちゃんと攻撃性能を持ったポケモンを使いたい。

 

 

f:id:nugget-poke:20170321103844g:plain

カミツルギ@アクZ

性格:陽気

特性:ビーストブースト

実数値:137(20)-232(244)-152(4)-×-53(12)-173(228)

技:リーフブレード、聖なる剣、辻斬り、剣の舞

調整...HD:C特化カプ・コケコのEF下10万ボルト確定耐え、S:最速105族抜き

 

ツボツボの御膳立てから全抜きを狙うエースその1。気持ちDに振ったが役に立った試しがないのでおそらくぶっぱで構わない。

 ガブガルやリザテテフ等の構築に対してはツボツルギ展開でeazywinを狙える。受けループに対してもかなり強めの駒ではあるが、終盤は受けループ側も対策枠を採用していることがあり思考停止で勝てるほど甘くはなかった。それでもこのポケモンのおかげで選出段階から有利に立ち回れるのは間違いない。マンダ入りには基本出せない。

 

 

f:id:nugget-poke:20170321111222g:plain

ゲンガー@メガ

性格:臆病

特性:呪われボディ→影ふみ

実数値136(4)-70-100-222(252)-115-200(252)

技:シャドーボールヘドロウェーブ、目覚めるパワー氷、気合玉

 

ツボツボの御膳立てから全抜きを狙うエースその2。範囲重視でCS特化のフルアタ。

このポケモンは追加効果を引いておいしい場面がほとんどないので威力、命中重視のこの技構成がいいと思ってる。2000に乗るまではヘドロ爆弾の個体を使用していたのだが、1800付近でH252テテフにミリ耐えされたのを思い出し個体を用意し直した(ヘドロ爆弾なら70%、ヘドロウェーブなら94%の乱数)。慎重HD特化マンダとかいうわけのわからない生き物にステロ込めざ氷を耐えられ竜舞されたことが2回ほどあるが事故だと割り切って凍える風にはしなかったというか凍える風を覚えさせずに7世代に持ってきて後戻りできなかった。このポケモンを2年間以上XYromに放置し続けた過去の自分に感謝したい。

 

 

f:id:nugget-poke:20170321114146g:plain

キノガッサ@気合いの襷

性格:陽気

特性:テクニシャン

実数値:136(4)-182(252)-100-×-80-134(252)

技:種マシンガン、マッハパンチ、岩石封じ、キノコの胞子

 

テンプレすぎて何も言うことがない。強い(小並感)。

ただミラーの打ち合いでこちらだけマッハパンチが半分入らないのが気に入らない。

 

 

f:id:nugget-poke:20170321115410g:plain

カプ・レヒレ@ミズZ

性格:図太い

特性:ミストメイカー

実数値:177(252)-78-163(108)-132(132)-151(4)-107(12)

技:波乗り、ムーンフォース、瞑想、挑発

 

記事を書こうと数値を見返したら調整先が全く思い出せない。C低すぎないか?

 

バシャを見たら大体選出する。その他カミツルギゲンガー両エースが突破するのが面倒なテッカグヤ辺りに削りを入れたり、カバルドン入りに対して圧力をかけに行く。一時期この型のレヒレで受けループを崩せるというのが話題になった(気がする)が、バナが準速だったりゲンガーに怯えたりでほとんど選出できなかった。

 

 

f:id:nugget-poke:20170321121807g:plain

ウルガモス@アッキの実

性格:図太い

特性:炎の体

実数値:191(244)-63-112(132)-156(4)-126(4)-136(124)

技:炎の舞、蝶の舞、鬼火、羽休め

調整...H:16n-1、S:最速70族抜き抜き、余りB

 

6世代最終期に開発されたアッキウルガモスをそのまま持ってきただけ。現環境ではスイクンの処理速度はさほど重要ではなく、ゲンガーミミッキュギルガルドあたりのゴースト勢に強い駒にしたかったのでワンウェポンは炎の舞。

ウルガモスの処理をガブやランドロス等の不一致岩石封じに頼っている構築には無類の強さを発揮した。特に今シーズンのランドロスはスカーフがほとんどおらず1舞でほぼ確実に上を取って鬼火を撒けたのでむしろカモだったといっていい。また、数の多かったゴースト勢を対面から起点にできたのでとても使いやすかった。鬼火は当てれば最強。

 

 

 【きつい展開】

この構築はマンダ入りに対してゲンガーで全抜きを狙うのだが、その際邪魔になるポケモンが複数いた場合かなりの苦戦を強いられた。また、ツボツボが露骨に誘う先発ゲンガーやガッサに対する明確な回答がなかったのもレートが上がらなかった原因だと思う。

 

 (以下は再び敬体を使用します。)

 

【成績】

f:id:nugget-poke:20170321132551p:plain

最後は無残に溶けてしまいました...潜ったことに後悔はないですが、レート2100以上、最終100位以内を自分なりの目標にしていたのでかなり悔しいです。S3以降も精進したいと思います。最高レート時の画像はないですが偽るほどの数値でもないしまぁいいでしょう(適当)。

 

ここまで読んで下さって有難うございました。S3もよろしくお願いします。

【SM,S1で】トリルミミッキュ軸雨パ()【使いたかった】

こんにちは。ナゲットです。

色々あってまだサンムーンを買ってなくて、このままシーズン1は潜ることができなそうなので使おうと思っていた構築をだらだらと書くことにしました。一応showdownで1500手前の瞬間20位代くらいにはいったので弱くはないはず。

 

f:id:nugget-poke:20161223195554p:plain

 

【個別紹介】

ミミッキュ@ゴツゴツメット

性格:腕白

特性:化けの皮

実数値:159(228)-111(4)-145(252)-×-128(24)-116

技:トリックルーム、呪い、鬼火、じゃれつく

 

このPTのコンセプトであり最も太い勝ち筋であるトリルの始動要因。化けの皮の行動保障により後出しからでもほぼ確実にトリルを張ることができる(怯みやめてね)。呑気最遅でないのは初手で出てきやすいブルルに対して上から鬼火を当てたいことが多かったため。最遅にして下から動きたい相手があまり居なさそうだったのでこれでいいと思う。持ち物に関してはスリップダメージを稼ぐためにゴツメを採用していだが、接触技を打ってこないガブリアス等にも有効なジャポの実を持たせたほうがいい。使えればね。

(呪い+ジャポ+ぺリの雨波乗りでガブを落とせるようになる)

 

ペリッパー@水Z

性格:控え目

特性:あめふらし

実数値:167(252)-49-120-161(252)-90-86(4)

技:ハイドロポンプ、波乗り、冷凍ビーム、暴風

 

トリル下で暴れるエース枠。倒せる範囲を重視し特殊フルアタで水Zを採用している。とんぼ返りを入れられれば非常に少なかったキングドラの選出率を多少上げられたかもしれないがエースの技範囲を狭めたくなかったので不採用とした。

 

ガルーラ@メガ

性格:意地っ張り

特性:肝っ玉→親子愛

実数値:209(228)-161(252)-100-×-101(4)-113(24)

技:猫だまし、捨て身タックル、不意打ち、地震

 

先発に雑に投げて相手を削り、トリルが切れた後に残った相手を先制技で処理できる器用なメガ枠。ただ火力が中途半端すぎてトリル下における制圧力があまりないのが悲しい。つまり何が言いたいのかというとクチートはよ。

 

デンジュモク@シュカの実

性格:臆病

特性:ビーストブースト

実数値:175(132)-84-98(52)-203(76)-92(4)-143(244)

技:10万ボルト、草結び、目覚めるパワー地面(氷)、蛍火

調整:A252マンムーの礫(岩封)+地震確定耐え

 

ペリッパーを通しにくい水フェアリーやポリ2を崩したくて入れたポケモン。なのだがDL対策もできてない調整なのが何ともアホっぽい。めざパに関してはトリル下でも活躍させたいなら氷、オタクサイクル崩しを重視したいなら地面を採用といった感じだった。決して活躍しなかったわけではないのだが耐久面に不安が残るので扱いが難しかった。

 

キングドラ@拘り眼鏡

性格:控え目

特性:すいすい

実数値:150-90-115-161(252)-116(4)-137(252)

技:ハイドロポンプ、波乗り、流星群、竜の波動

 

せっかくだから雨偽装しようという理由のみで採用。前述の通りペリッパーに対面操作要素がないので強引に引いて圧力をかけていくという使い方をしていた。選出率はかなり低く、偽装のためだけにこいつに枠を割くことは正しいんだろうかと疑問に思ったが、雨に関する経験と知識が皆無だったので結論を出せなかった。

 

ガブリアス@気合いの襷

性格:陽気

特性:鮫肌

実数値:183-182(252)-116(4)-100-105-169(252)

技:逆鱗、地震、剣の舞、炎の牙

 

電気無効枠として取りあえず入れてみたけど全く使わなかった。ポリ2や水フェアリーに弱いところもこのPTと噛み合わない。変えるならまずこいつから。

 

こうして振り返ると基本選出のガルペリミミッキュ以外何も固まってなくて構築と呼べるかすら怪しい出来であるが、トリル+Z持ち+メガの並びは本当に強いので周りさえしっかりしてればそこそこいいところまで行けると思う。

 

 

f:id:nugget-poke:20161223003733p:plain

 

1か月近く放置してるので死ぬほど順位落ちてますね...というか6世代showdownにあった放置するとレート下がっていくシステムがなくなってることに初めて気づいた。

 

 

この構築をシーズン2以降に組み直すとしたらメガ枠にクチート、電気無効+オタクサイクル崩しで霊獣ボルトロス辺りを入れたりしたら強そう(なお並びの似た構築がORAS最終期で既に結果を残している模様)。

 

ここまで読んで頂いて有難うございました。早くサンムーン買いたいです...

【ORAS】afouさん主催ポケモンは文化杯対戦レポート【優勝】

こんにちは。ナゲットと申します。

文化の日に催されたポケモンは文化杯(主催afouさん)の対戦レポートを書いていきたいと思います。TNレグホーンで参加しました。 相手PTメモってなかったので大分抜けている部分がありますが許してください。また、BVは無許可で載せていますので怒られたら削除します。 

使用PTはS17で使用したものとほぼ同じでゲンガーの型をCS極振りに変えただけ。

 

nugget-poke.hatenablog.com

 

  

・1戦目 vsDAiさん

相手PT ガルーラ、〇クレセリア、◎マンムー、〇モロバレルファイアロー@1

こちら選出 ナットレイボーマンダライコウ

BV:NZHW-WWWW-WW55-2TGF

 

マンムーがいるPTは8割方マンムー初手選出をしてくるのでナットレイを初手、アローバレル処理のためのマンダ、ラス1はどれも微妙だったがマンダの負担を減らし、クレセの相手もできるライコウ

 

想定通りマンムーから入ってきたのでアローのサイクル参加を防ぐためにステロを撒く(馬鹿力非考慮)。

バレルが出てきてめざ炎読みでマンダに引いたのだがここで胞子を打たれていたらサイクル負けしていたと思う。めざ炎でよかった。

有利対面を作ったので八つ当たりで負担を掛けにいくとマンムーが出てきて大きく削れる。

礫くらい耐えるだろうと思いそのまま突っ張ると交換読みで出てきたバレルが落ちてくれる。

残ったクレセをライコウの起点にしマンムーを毒でハメハメして勝ち。

 

 

・2戦目 vsとうやまなおさん

相手PT ◎リザードン、〇ポリゴン2、〇カバルドンギルガルド@2

こちら選出 ボーマンダナットレイグライオン

BV:取り忘れ

 

初手リザ対して有利をとれるマンダ、このPTで重いガルドのケアにグライ、耐久ポケに強いナット。正直重いポケモン多くて焦ってた記憶しかない。

 

初手リザマンダ対面で「どうせカバとかに引くやろwナットでステロ撒きいこww」とか思ってナットに引いたらめざ氷つっぱりで絶望。仕方ないのでグライを捨てもう一度リザマンダ対面を作りに行く。この時点で裏にガルドがいたらほぼ負け確。

八つ当たりを押すと今度はポリ2に引いてきてさらに絶望。「負けかなぁ」とか思いながらナットに引いてステロを撒くとなぜかステロのターンにリザが出てこなかった。正直ラッキーだった。

それからナットポリ2で数ターンわちゃわちゃした後お相手が今度はカバに引いてくる。こちらマンダに引き欠伸が入った状態でリザ引き1点読み八つ当たりを成功させリザを落とす。

その後サイクルを回していく中でマンダを起こし無理やりポリ2を突破。ラス1カバナット対面でお互い有効打がない状態になりステロ連打しながら主催のafouさんに助言を貰いに行くとそのタイミングでお相手の降参が選ばれる。

 

素直に「勝った」とは言えない対戦だった。勝ちを譲って下さったとうやまなおさん申し訳ありませんでした。

 

 

・3戦目 名前忘れましたすみません...頭文字Rの方です

相手PT ラグラージ、〇ボーマンダ、◎ウルガモス、ガルーラ、〇クレセリア@1

こちら選出 ナットレイボーマンダグライオン

BV:試合後回線切れのため撮れず

 

ラグマンダガモス展開に対しステロを撒くために初手ナット、ガルウルガマンダに対し不利を取らない(型次第)マンダ。グライ選出したのは謎、ポリ2でよかった気がする。

 

初手ガモスが出てきて絶望(本日3回目)。仕方なくマンダに引くと文字が外れてくれる。

めざ氷ない願望クレセ引き読みナット引きを成功させステロを撒きガモスのサイクル参加を拒否する。その後マンダ後投げからガモスを処理。

ガルクレセガモスのガルってナットへの有効打ないだろうしいけるかな?と思っていたらラス1マンダでぜ(ry

それからなぜ勝ったのかあまり覚えていない。グライで2体に毒入れてマンダ対面プレミ期待身代わりとかしてた気がする。

 

 

・4戦目 vsユキハルさん

相手PT ◎バンギラス、〇ドリュウズ、〇ボーマンダレパルダスキノガッサメタモン

こちら選出 ゲンガー、グライオンポリゴン2

BV:M9WG-WWWW-WW55-3BD9

 

ナットグライがいるPTにレパルダスは100%こないので完全なるバンドリマンダ読み。バンギの処理をナットのジャイロかゲンガーの気合玉どちらで処理しようか悩んだ結果ゲンガーを選択という博打に出る。

 

博打に勝ちバンギを突破。死にだしドリュが剣舞するところにシャドボで削りを入れる。もう一度気合玉を押す勇気はなかった。

その後ドリュをグライオン、特殊マンダをポリ2で処理という想定通りの流れで勝ち。

 

 

・5試合目 vsかんてんさん

相手PT ◎ラグラージボーマンダ、〇ウルガモス、〇ミミロップニンフィア@1

こちら選出 ナットレイボーマンダポリゴン2

BV: XE6G-WWWW-WW55-3C5G

 

ステロ撒け初手ミミロップに強く出れるナットレイ、マンダロップに不利でないマンダ、ガモスニンフのためのポリ2。

 

お互いステロを撒きあい欠伸に対して宿り木で頑張ろうと思っていたらマンダとガモスの対面ができる。めざ氷をなんとか耐えガモスを処理。

マンダ対ポリ2なら勝てる!と思っていたらまさかのミミロップで(ry

だがロップがいきなり膝芸人っぷりを披露し何とも言えない勝利を手にした。

まぁナットロップ対面で2連守るするつもりだったしその場合相手が勝つ確率56.7%で催眠術より確率低いしで超絶不利運というわけでもなかったが...(相手が1回目の守るを読まない前提)

 

 

・準決勝 vsサファイアさん

相手PT リザードン、〇カバルドンニョロトノ、◎エーフィ、ニンフィア、〇キリキザン

こちら選出 ボーマンダナットレイポリゴン2

BV:Y5NG-WWWW-WW55-3EWY

 

リザ意識+早めに威嚇を消したかったので初手マンダ、キザンと相打ちを取るためのナットレイ、その他に対し強気に出れるポリ2。

 

初手エーフィ対面で眼鏡めざ氷を完全に切り八つ当たりで負担を掛けにいくとマジシャンが飛んできて耐えて落とすことができた。

死に出しキザンが起点にしに来るがこちらの対処法がナットレイのゴツメに触れさせるというものしかないので八つ当たりで少しでも削ろうとしたらまさかの急所引き。ナット引きのタイミングでアイヘではなく叩きを押されていたので完全なる有効急所だった。

その後カバに対しポリ2で冷B連打で勝ち。またも運勝ち。

 

・決勝 vsサファイアさん

相手PT 〇ボルトロス、◎オニゴーリガブリアス、〇ニンフィアギャラドスファイアロー

こちら選出 ライコウボーマンダ、ポリ2

BV:XVSG-WWWW-WW55-3KR9

 

2連サファイアさんかよwwwwとかいうネタが吹っ飛ぶほどの顔面の威圧感。このPTの(レートでの)ゴーリの対処法はライコウでPP枯らし兼TODを行うというものだけ。TODという勝ち筋が取れないのでPP枯らししかないというさらに部が悪い勝負をせざるを得ない。と、この時は思っていた。

選出は前述の通りライコウライコウが削れるとファイアローの処理が無理なのでマンダ、ニンフィアガブ受けのポリ2。

 

初手から顔面の顎が外れこっちの顎も外れた。少しでも削りたくて毒を入れようとしてもライコウが当ててくれない、爆発読みでマンダ出したのに普通に恩返しで落ちていく等散々だったがポリ2がすべてを巻き返してくれた。ニンフィアの痺れは勿論、最後の急所も珠自傷圏内に入れることで気合玉を打たれることなく勝てるという最高の有効急所だった。やはりポケモンは運。

 

 

以上で終わりたいと思います。参加者136名、さらに2200経験者も複数名いるというような大会で優勝という最高の結果を残せて最高に嬉しいです!運だけマンですけどね!!!!!

 

主催のafouさん並びに対戦して下さった方、参加者の皆さんありがとうございました。サンムーンでもよろしくお願いします。

【ORAS,S17】ks外しサイクル【最終2031】

初めまして。ナゲットと申します。

S17が6世代最後のレートシーズンということで使用した構築を記念に書くことにしました。

文章が読み辛かったらすみません。ブログ書くの初めてなので許してください。

 

f:id:nugget-poke:20160915224504p:plain

 

【個別紹介】

 

f:id:nugget-poke:20160915205446g:plain

ボーマンダ@メガ

性格:意地っ張り

特性:威嚇→スカイスキン

実数値:201(244)-187(116)-101(4)-×-115(116)-124(28)

技:八つ当たり、空元気、竜の舞、羽休め

 

調整は某上位構築まとめブログに載っていたものを丸パクリしたもの。もうひとつガブ抜きまでSを伸ばした調整もあったのだが、サイクルを回す上で少しでも耐久があった方がいいと思いこちらを採用した。

S16でADガル+鬼火ゲンガーが有名になったことで鬼火ゲンガーが増えるだろうと思い空元気を搭載させている。

 

f:id:nugget-poke:20160915211907g:plain

ナットレイゴツゴツメット

性格:呑気

特性:鉄の棘

実数値:181(252)-115(4)-201(252)-×-136-22

技:ジャイロボール、宿り木の種、ステルスロック、守る

 

調整はガルの炎Pを耐える確率を上げるためHB特化(これもパクリ)。

技はメインウエポン(兼回復)のジャイロと宿り木、サイクルを有利にしつつマンダを通しやすくするステロ、宿り木の回復量up+後述のライコウグライとの兼ね合いを考えて守るとした。守る選択は慎重に。

ks外し要因その1。

 

f:id:nugget-poke:20160915213307g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

性格:生意気

特性:ダウンロード

実数値:191(244)-100-116(44)-125-157(220)-72

技:八つ当たり、冷凍ビーム、電磁波、自己再生

調整...HB:A特化メガボーマンダの+1捨て身最高乱数以外耐え、残りD。

 

有名な生意気あひるだが、初めて使ってみてこいつの役割対象の広さにびっくりした。対面構築に対してはいかにこいつの負担を他のポケモンで軽減しながらサイクルを回していくかを念頭に置いて立ち回った。

因みにマンダと同じく恩返しではなく八つ当たりを採用しているが、どちらもメタモン入りに選出したことは一度もなかった。

 

f:id:nugget-poke:20160915215913g:plain

ゲンガー@メガ

性格:臆病

特性:浮遊→影踏み

実数値:151(124)-76-81-166(124)-96-178(252)

技:シャドーボール、気合玉、挑発、道連れ

調整...C:D無振りガブに対しシャドボ2発で瀕死率96.91%、S:最速、残りH

 

「影踏みで挑発したら絶対道連れ決まるやん!つよ!」という小学生並の発想から生まれたゲンガー。ここまでCに振るなら252振れやとも思ったが、ガブの逆鱗、リザYの放射等耐久に振ってよかったと思う場面が一応あった。が、ガルサザン辺りに対する気合玉のダメージを考えるとやっぱりCSの方がよかった。ぶっちゃけ個体変えるのが面倒でそのまま使ってただけ。

正直挑発も環境に刺さってるか微妙だったので、技構成ももっといいものががあっただろうなと思う。

ks外し要因その2。

 

f:id:nugget-poke:20160915223549g:plain

ライコウ@食べ残し

性格:臆病

特性:プレッシャー

実数値:193(220)-82-95-135-126(44)-182(244)

技:守る、身代わり、毒々、ボルトチェンジ

調整...H:16n+1、S:最速ジャローダ抜き、残りD

 

マンダナットサイクルを組む上でどうしても重くなってしまう霊獣ボルトロスに対して有利に立ち回る駒兼オニゴーリへのささやかな抵抗枠。一般的なノイコウと違いボルチェンを採用しているのは、ガルーラやクチート等に負担をかけつつ裏のクッション(鉄製)につなげる、先発に投げやすくするという理由から。因みにノイコウにボルチェンという案も某構築まとめブログからパクってきたもの。こいつパクってばっかりだな。

めざ氷がないとばれると嬉々としてガブが出てきて舞ってくるので居座って毒を盛る勇気が必要。因みにHCDSvBuの個体だがタイプは...ドラゴン!w

 ks外し要因その3。

 

f:id:nugget-poke:20160915232550g:plain

グライオン@毒々玉

性格:腕白

特性:ポイズンヒール

実数値:177(212)-116(4)-176(116)-×-96(4)-137(172)

技:守る、身代わり、地震、毒々

調整...S: 大体の耐久ボルトロス抜き、H:8n+1、B:11n

 

上5体まで並べてガルド(特に剣舞)が重かったので、私が思うガルドが嫌うポケモンNo.1のこいつを採用。ガルドだけでなく処理が面倒だったバシャヘラドラン辺りにも強気に出れて割と穴を埋めてくれた感があった。

ギロチンでなく毒々なのはサイクルを回す際に負担が全くかからないのを嫌ったから。ドヤ顔で悪巧みをしてくるボルトにドヤ顔し返すのがめちゃくちゃ楽しかった。

ks外し要因その4。

 

【重いポケモン

・めざ氷持ちバシャ...バシャの対処をマンダとグライでやってたらそらそうよっていう。

ルカリオ...ナットとポリ2がこいつに大きな隙を見せるのに裏でのケアが非常にし辛い。こいつを見たらほとんどの場合ゲンガーを初手に出しメガを優先していた。

・(対面構築入り)悪巧み気合玉化身ボルトロス... 単体で見ればライコウグライで対処は可能だが対面構築に対しての選出のほとんどがナットポリ2+メガというものだったのでぶっささりだった。霊獣であればライコウを選出しているのでそこまで問題ではない。

パルシェン...無理。どうしたらいいのかわからない。

 

他にもローブシンやらジバコイルやら色々いるがキリがないので割愛。

 

【最終結果】

 

f:id:nugget-poke:20160916011350p:plain

 

ORASではずっとこのTNで潜ってました。対戦して下さった方有難うございました。また、イライラ発狂切断、回線不良切断で不快な思いをさせてしまった方申し訳ありませんでした。

 

【PT総括】

タイトルにもあるようにこのPTは

・PT内の重要なダメージソースである毒々と宿り木、ゲンガーのガルーラへの唯一のダメージ源である気合玉が命中不安定

・サイクル前提のSが遅いポケモンが多く急所や追加効果を受けやすい

という運負けしやすい要素を含んでいるのに対し、こちらの運勝ち要素が精々ポリ2の冷B氷と電磁波麻痺程度しかないという非常にイライラする構成になってます。正直使用者の私でさえ「欠陥構築やなぁ」と思わざるを得ません。この構築によって私は幾度となく拳を痛めました。それでも一応2000というラインは超えたので個々のポケモン達のパワーがあったんだなぁと思います。

 

言い訳になりますが、私用で最終日1週間前からレートに潜れなかったのでもしかしたらもっと上も行けたんじゃないかなぁという後悔もあります(最終日上位で流行っていたらしい眼鏡ガモスがゲロ重いので普通に振り落されていた可能性大)。

 

 

ここまで読んで頂いて有難うございました。サンムーンで対戦することがあればよろしくお願いします。